保育園で働くメリットをチェック!~求人情報を確認しよう~

保育園の求人を選ぶことでやりがいのある仕事ができる!

保育士に向いている人とは?

子供が好きで社交的な人が保育士に向いていると言われています。しかしそれだけではなく、忍耐力や体力がなければ元気な子どもたちの相手をすることはできません。そのため、努力をすることができる人が保育士に向いているといえます。

保育園を選ぶなら私立?公立?

私立の保育園

私立の保育園は園児を集める為に、他の園と差をつける必要があります。そのため、一般的な教育にプラスアルファの教育や保育システムの導入をするため、保育士の負担がとても大きくなってしまいます。しかし、自分達らしい教育ができるため人気があります。

公立の保育園

公立の保育園は、私立と仕事内容的には変わりはありません。しかし他の園と差をつける必要がないので、保育士の負担が少なくなります。それによって、ゆとりを持って子どもたちと触れ合うことができます。しかし、地方公務員として働ける資格が必要になるでしょう。

保育園で働くメリットをチェック!~求人情報を確認しよう~

子供

保育園・保育士の現状

最近は保育園不足と言われていますが、保育園だけではなく保育士も不足しています。しかし保育士の資格保持者は日本に多くいます。そういった資格保持者が保育士をしないのは、賃金が安い・労働時間が長い・労働負担が大きいと言った理由です。労働環境が悪いことによって、苦労して取得した資格を無駄にしている人が多いようです。しかし、最近では労働環境を改善しようと務めている保育園の求人が東京で多くあります。良い労働環境、自分に合った環境の職場を見つけて保育士の資格を活かしましょう。

男女

保育士の仕事はやりがいがある!

保育士の仕事は大変なことが沢山ありますが、やりがいがとてもある仕事です。実際に子供達と触れ合うことによって、子供の成長を身近に感じることができます。また、子供達だけではなく親御さんから頼りにされたり、感謝されることが多いです。子供達と一緒にいることによって元気や感動をもらうことができるので、子供好きの方には天職と言えます。

女性

責任感が身に付く!

保育士の仕事は人の命を預かる仕事です。そのため責任感がとても大切になります。また、親御さんに一日の行動を報告したり、行事ごとに準備をしたりする必要もあります。さらに、場合によっては親御さんから育児に関する相談などをされることもあるでしょう。親御さんと良好な関係を築くためにも、育児や教育に関する知識や資格を取得しておくことをおすすめします。

子供たち

保育士の資格は活かせる!

最近は保育園の数が足りていないことから、保育士の採用枠も少なくなってきているようです。しかし、保育士の資格は保育園だけではなく、様々な職場で活躍することができます。社内託児サービスを行なっている企業や学童、幼児教室講師、児童館などが主な就職先です。また、最近ではこども園という保育所と幼稚園を合わせた施設も増えています。せっかくの国家資格を無駄にすることがないように、保育士資格を活かせる仕事を探しましょう。

広告募集中